ひとりごと

ホワイトデーもあとわずか。

積極的な女性が増えてきている昨今、また女性の可処分所得も20代では男性を逆転。

お金持っている女性が増えてきていますね。

なので、どしどし女子の活躍の場が広がってきているんですね。


出逢いも一緒。

男性より積極的な女子が増え、カップルになるのも、女性の告白からなんてのも

あたりまえ!

ま、好まれる男性は女性同士の競争が激しいから、積極的に行かないといけません。

男性は選ばれる立場だけど、魅力的な男性は競争が激しいですね。


モテる男性はますますモテて、ダメ男子はまったくずっと出逢いもないままなんてことも・・・・・。

ホワイトデー、3連投なんて男性もけっこういたりなんかする。その反対に、家でごろごろしているなんにもない男子も。。格差社会なのな・・・。

とにかく積極的にいくのが人生の面白いところだし、運気が上昇しているころを

とらえて幸運をつかもうよね。

判断が大切なんだけど、すぐにはいい判断を選べない。

だから、続けることが大切になってくるんだね。

誰しも最初があって、最初はよくわからないことがほとんどだし、最初からうまくできる人

なんかいないんだよ。少しの失敗なんて気にしないで前を向いていくことが幸運をつかむ。


なんでもそうだけど、愛情なんかもそうだし、きっかけとなる出逢いもそうなんだよね。

30代になって積極的には慣れないよ。今のうちに。20代のうちに、ガンガン行くのがいいんだね。

バレンタインデー。一年に一度女子から告白できる日。

時と共に、お菓子会社のキャンペーンだけではなくなりました。

冷めた人はほっときましょう。

バレンタインデーは小学校の頃にドキドキしたその思いそのままに、女子は考えているのです。

隠さなくてもいいんじゃないかな。


そりゃ、必ずバレンタインデーに告白できる男子を見つけることが出来ないかもしれないけど、

少しは動いてみたいよね。


ダメもとでも、動いてみるとともだちからなんてこともアリだよね。。

チョコレートを作るってのも、けっこうきっかけになると思うよ。例えそれが自分のためであってもいいともうよ。だれもいないんじゃなくても、自分の為に作ろうよ。

(笑)。

よくありますが、ほとんどの女性が引いてしまっているようです。

自分で笑うな!!って、無言のツッコミをいれながら去っていくでしょう。

特に、ボケて同じメール内で突っ込んで、そして(笑)で締める。

最悪です。。。。一番引いてしまうパターンですので気をつけましょう。

けっこうやるやつ多いです。


それから、(爆)。これも同じことですね。

とにかく、自分でツッコミ入れておしまいはダメダメメールとなります。

ダメダメも、最初のうちはしょうがないですね。慣れれば、だんだんうまくなっていきますけどね・・・


メールタイトルにありきたりなタイトルを付けるのはイマイチ女子の気を惹きません。

ほとんどの男子は「はじめまして」「こんにちは」的にタイトルを付けメールしてしまいます。

見向きもされませんから、工夫しないといけません。

他の男子とは違うタイトルや書き出しで始めると目に留まることが多く、読んでもらえる確率がぐんと上がるのです。


PCでも
携帯でも同じです。サイトタイトルで、つかみで勝負の半分は決まります。

パソコンでやっている人に関しては、特に重要です。

いまいちなタイトルでは、一応ひととおりクリックしてみてくれるようですけど、流し読みで終わっちゃうようですよ。


出逢いを求めて参加する女の子の方には、相当数のメールが届くんですね。

あまり慣れていない女の子はそれを全部見ようとするのでしょうけど、多すぎてすぐにあきらめる女子が多いよう。

メール投稿される数が多すぎて、タイトルだけで読むか読まないか(先に進むか)を判断しないと対応が間に合わないようです。

なので、よくある「はじめまして」とか「こんにちは」なんてタイトルはいまいちのパターン。

サイトタイトルをなにも考えないでメールする男子が多いんですね。

相手の気持ちを考えてなんと言ったらいいのか、いろいろチャレンジするとおもしろい。


当然、そうゆう男子は女子に見向きもされません。

出会ってから恋愛に発展していくのだけれど、自分のタイプなんだけど疲れてしまうってあります。

なんでなんでしょうか。

疲れる理由がよくわからない、自分のすごいタイプなのに。

外見はそうなんでしょうけど、内面ではそうではないんでしょう。

相手が悪いということではなくて、話していて共感する部分が少ない。

というか、ほとんどない。

映画を見て、ぜんぜん違う感覚、印象ってそうゆうことかもしれません。

買い物、休憩するときのなんとない感じ方。

自然を見るときに一番あらわれるのかもしれません。

自分と違う感覚で、自分に持っていないものを持っているといいのだけど、

どうしても共有出来ない。。。。


そうゆう相手とは、外見がいくらタイプでもうまくいかないでしょう。

無理してはイケませんね。疲れない相手を選ぶほうがよい。


疲れない相手とは、思いや、感覚的に共感できるということなのかもしれません。

出会い系に登録して、血気盛んにメールを送信。

しかし、質問攻めにうんざりしている女性も多いとの情報もあります。


当然、見知らぬ会員同士のやりとりですからある程度は仕方がないのかもしれませんが、

「趣味はなんでしょう?年齢いくつ?誰に似てる?芸能人で言えば?好きなタレント?

などなどなど・・・・。」

多すぎですね。


ちゃんとしたサイトなら、会員のプロフィールにある程度の情報があるわけで、

女子にしてみれば「見てないのかいっ!」って思いますね。

質問は必要ですが、一回のメールでひとつとかにするのが無難なようです。

少しづつ行きだしていきましょう!

出会い系サイトを使うにはまず、登録。そして次の作業がプロフィール記入です。

プロフィールの内容は一番重要です。

自分のことを的確に、言葉で表現しなくてはなりません。

すなわちプロフの内容が重要なんです。


ベースとなる情報としては、ある程度具体的に書くと返事を多くもらえる可能性が高いようす。

かといって長すぎると読まれませんし、うざいと思われます。

短すぎず長すぎずといったところにしましょう。だいたい4.5行くらいが好まれるようです。


内容的には年齢、職業、外見は記入したほうが良いでしょう。


どうしてもわからない、文章書くのができない人は、「うまい人のプロフィールをうまく

アレンジして書きましょう。

日本全域にわたり出会い系が浸透してきました。

全国各地の女性会員、男性会員がそれぞれの出会いの形を求めて集うサイトが目白押し。

20代前後だけじゃなく、アラサー、アラフォーも活発に動いています。

幅広い年齢層の方に対応した「見やすさ」「使いやすさ」「親しみやすさ」をまさに追求しています。

ご近所や年齢別検索は当たり前、趣味友、恋人希望、メル友希望といったの目的別検索など、

多彩な検索機能で、あらゆる方向から理想の異性を見つける事が可能な時代。

優良な出会い系を利用することが、スムーズな出会いへの近道でしょう。


1 2 3 4 5 6